ニュース NEWS

EVENT REPORT:女性のためのライズ健康睡眠プログラム

2017年11月14日

『女性のためのライズ健康睡眠プログラム』を開催
~富士山のパワーをあびて心と体、自然のリズムを取り戻す~

2017年11月4日(土)~5日(日)、目の前には雄大な富士山がそびえ立ち、その左右の稜線まで見渡すことができる日本初の滞在型ウェルネスリゾート・日月倶楽部にて『女性のためのライズ健康睡眠プログラム』を開催しました。
ストレスを抱えている女性に、自然のリズムを取り戻し、心身共に健康になっていただきたいという想いから、日本の統合医療の第一人者である山本竜隆医師が監修するさまざまなプログラムをご用意。たくさんの自然に囲まれた場所で、他では体験できない自律神経(良導絡)検査やたき火カフェ、富士山の前で行うヨガなどに、参加者の皆さんは日頃の疲れやストレスを忘れ、笑顔で楽しまれているご様子でした。
  • 秋晴れのもと、壮大な富士山の麓にある日月倶楽部でイベントがスタートしました。この時期、平均気温は10度強。朝と晩は厳しい冷え込みでしたが、日中はポカポカとした過ごしやすい気候に恵まれました。

  • 朝霧高原の中に位置する日月倶楽部。百数十年前の古民家を移設、建築した施設が、自然との調和を大切にしている日月倶楽部ならではの雰囲気を作っています。たまにリスやうさぎ、鹿などに遭遇するようです(残念ながら今回は会えず…)。

  • 到着後、オリエンテーションを行いました。2日間にわたるプログラムの目的やスケジュール等についての説明の他、翌朝の朝食時にいただく薬膳茶について、8種類の中からどれが一番身体に合っているのかという体質チェックも行いました。

  • “目の前に富士山”という贅沢なロケーションで大手スポーツクラブなどでヨガの指導を行うヨガインストラクターの内田先生の指導によるヨガのクラスを2回開催しました。「風の音や雲の動きを感じながらリラックスした時間を過ごせた」と、参加者の皆さんからは大好評。

  • 季節の植物を使うハーブウォーター(ルームフレグランス)作りでは、施設内の植物(草・葉など)を自由に採取することからスタート。枯れ葉は使えないため、水分を蓄えた緑色の植物を45ℓの袋いっぱいに詰め込んでいただきました。都会暮らしだと草や土の匂いなどを五感で感じることがないからか、参加者の皆さんはとても楽しそうでした。

  • 採取した植物は全員で1cm角ぐらいのサイズに細かくしていきました。秋のしっとりとした草の香りに包まれながら、夢中になって植物を切っている参加者の皆さんの姿が印象的でした。細かくしたものを専用の機械で4時間かけて水分と草に分けるとハーブウォーター(ルームフレグランス)の出来上がり。

今回のイベントの目玉といってもいいプログラムが、限られた場所でしか検査できない自律神経(良導絡)検査。専用の機器を使い、皮膚の電流量を測定することによって、東洋医学的アプローチで自律神経の状態を診断していただきました。「気を遣いすぎて頭がぼーっとする」「食べることでストレスを解消しようとする傾向がある」など、西洋医学では診断されることのない内容に、皆さん驚きの表情を浮かべられていました。さらに、その症状を緩和するオススメのツボも伝授!
  • 自律神経(良導絡)検査は、“トントン”と手首や足首を軽く叩くだけ。皮膚の電流量を測定し、自律神経の状態を診断します。

  • 今まで診断されたことはなくても、薄々感じていた自分の身体の不調が羅列された結果一覧に「そうなんです!」との声が。

夕食後は、山本医師による参加者の女性向けに“自然欠乏症候群”についての講義が行われました。自然に多く触れていない子供は病気になりやすいというデータ結果がでていることや、自然と接することが少なくなったことで起こる身体の不調をどのように解消するかなど「目からウロコ」な話に参加者の皆さんはとても驚かれていました。さらにライズの睡眠コンシェルジュによる“質の高い睡眠”についての講義も。朝起きたら太陽の光を浴びる、お昼寝は20分まで等、今すぐ実践できる質の高い睡眠の手に入れ方などをお伝えしました。
  • 現代社会の女性は、妻、娘、上司、部下など、さまざまな役割をこなしていることからストレスを抱えがちだそう。山本先生が考えるストレス解消方法に耳を傾けながらうなずく参加者の皆さんの様子がうかがえました。

  • 講義のあとは、星空の下、自然と触れ合うプログラムのひとつ・たき火を囲んで憩いの時間をとりました。リラックスできるカフェインレスのハーブティーと共に、焼きマシュマロやソーセージなどをいただく参加者の皆さんはとても楽しそう!

その他の写真
  • 夕食と朝食には添加物を一切使っていない地の食材を使ったお料理。お食事を通じて自然の感覚を取り戻していただきました。

  • 暖炉にくべる蒔は山本先生自ら木を切ったもの。暖炉から広がる柔らかな熱が皆さんの冷えた身体を暖かく包み込みました。

  • 各部屋ではライズの高反発マットレスが質の高い睡眠をサポート。早起きが不安だったという人も「朝、気持ちよく目覚められました」と大喜び!

  • 日没時の太陽の光で富士山が赤く染まる赤富士をバックに参加者の皆さんで集合写真を撮りました。

参加者の皆さんからは「気づかないうちに集中していたり、リラックスできていたり、本来のサイクルに戻ることができた」というお声をいただきました。

たった2日間のプログラムが終わると、皆さんは到着時よりもリラックスした様子で帰途につかれました。

ライズは、睡眠を通して皆さんの健康的で快適な生活をサポートし続けていきたいと思います。
今後も皆さんに楽しんでいただけるイベントを企画していきますのでお楽しみに!